• ホーム
  • シミは種類によっても治療法が異なる

シミは種類によっても治療法が異なる

顔にクリームを塗る女性

一口にシミといってもいくつかの種類があります。種類によって原因や治療法が異なりますし、間違った方法でケアすると逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。そこでまずは発生したシミがどのようなものなのかをきちんと診断することが大切です。

シミには主に老人性色素斑や肝斑、脂漏性角化症、そばかすなどの種類があります。特に数が多いとされるのは老人性色素斑と肝斑であり、この2つは同時に発生しやすいことが特徴です。しかし、治療法は全く異なるため、正しい方法で治療をしないとシミが治りにくいと言われています。最初の診断が非常に重要であり、経験や実績のあるドクターの診察を受けるようにしましょう。

老人性色素斑は角化細胞の良性腫瘍であり、実際にシミというわけではありません。角化細胞が紫外線に当たることにより、DNAに異常を生じてしまうことが老人性色素斑の原因です。日光に当たりやすい顔や手の甲、腕などに多く発生します。老人性色素斑の治療ではレーザーが使われることが多いです。また、ハイドロキノンとトレチノインを使って薄くすることもできます。

肝斑は皮膚への摩擦や紫外線、女性ホルモンが原因で発生する症状です。このような刺激によってメラノサイトが活性化し、メラニン色素が過剰に作られてしまいます。頬や目の下、額などに左右対称に現れることが特徴であり、一般的なレーザーを照射すると逆効果になってしまうので注意が必要です。肝斑の治療では最初にトラネキサム酸を内服します。3ヶ月程度で効果が出てきますが、1年~1年半程度続けることが大切です。また、ピーリングやイオン導入が行われることもあります。

脂漏性角化症は褐色や黒色の組織が増殖する病気です。原因についてはよく分かっていませんが、遺伝的に発生しやすいという人もいます。形は円形か楕円形であり、小さいものなら5mm程度です。大きいものだと10cmになることもあるため、かなり目立ってしまうでしょう。脂漏性角化症は少しずつ大きくなっていくことが特徴です。表面は滑らかになっているか、かさついているということです。

脂漏性角化症の大きな問題は見た目です。場合によっては痒みなどが発生することもありますが、見た目が気にならない場合は特に治療の必要はないでしょう。切除する場合は液体窒素で凍らせる方法や電気針を使用する方法がおすすめです。

そばかすは先天的な要因で発生することもありますが、後天的な要因で発生することもあります。先天的な要因としては、メラニン色素の生成に関係する受容体の量が多いかどうかということです。受容体の量は遺伝子のタイプによって決まりますが、受容体が多い体質の人は先天的にそばかすを発症しやすくなります。

ちなみに、先天的なそばかすは幼少時に発症し、成長するごとに消えることが多いため、あまり心配しなくても良いでしょう。そばかすの治療ではハイドロキノンとトレチノインが使われることが多いです。

関連記事
肌が老化してしまう原因は紫外線にあるので予防対策を忘れずに 2020年04月12日

肌の老化は加齢だけが原因ではありません。紫外線が原因で老化してしまうことも多いため、きちんと紫外線対策を行うことが大切です。特に顔の肌が老化すると目立ちやすいですし、できるだけ紫外線の影響を受けないように注意しましょう。顔の中でも?や鼻、額などは高さがあるので日焼けしやすい部分です。これらの部分の日...

肌がきれいになる生活習慣を身に付ける 2020年03月06日

肌を綺麗な状態にしたいという場合、普段の生活習慣を見直すことが大切です。まずは睡眠を見直してみましょう。十分な睡眠は美肌の基本とも言えますし、睡眠時間が短い人は肌にも悪影響が出てしまうことがあるので注意が必要です。睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは若返りのホルモンと呼ばれること...

プラセンタは美肌効果があるので肌が若返る 2020年01月26日

プラセンタの美肌効果に興味を持っている人も多いでしょう。エイジングケアにも効果が期待されており、注射やサプリメントなどさまざまな治療方法が登場しています。プラセンタを使用する時には注意点などもあるのできちんと確認しておきましょう。プラセンタとは哺乳類の胎盤から成分を抽出したエキスのことです。胎盤は母...

ニキビ治療にはアダパレンと内服抗菌薬を併用すると治る 2019年11月27日

ニキビができる時になるものでしょう。さまざまな原因がありますが、皮脂の過剰分泌が主な原因の一つとされています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がり、出口が炎症を起こして発生するという仕組みです。なかなか治らないニキビで悩んでいる場合、アダパレンと内服抗菌薬を併用してみると良いでしょう。アダパレンはニ...

トレチノインとハイドロキノンでエイジングケアをする 2020年01月01日

顔にシミやシワ、ニキビ、肝斑、そばかすなどの肌トラブルがあると実年齢よりも老けた印象になってしまいます。このような肌トラブルに悩んでいる場合、トレチノインとハイドロキノンでエイジングケアをしてみると良いでしょう。トレチノインとは、ビタミンAの誘導体のことであり、ビタミンAの50~100倍の生理活性が...