• ホーム
  • ニキビ治療にはアダパレンと内服抗菌薬を併用すると治る

ニキビ治療にはアダパレンと内服抗菌薬を併用すると治る

肌がきれいなので満足をしている女性

ニキビができる時になるものでしょう。さまざまな原因がありますが、皮脂の過剰分泌が主な原因の一つとされています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がり、出口が炎症を起こして発生するという仕組みです。

なかなか治らないニキビで悩んでいる場合、アダパレンと内服抗菌薬を併用してみると良いでしょう。アダパレンはニキビに有効な外用薬です。皮膚の角化を抑制することにより、ニキビができるのを抑制するということです。大きく腫れて炎症を起こしたニキビにはあまり効果がないため、症状が軽いうちに使うようにしましょう。

アダパレンを使用することで皮膚の角化を抑えることができます。それによって初期段階のニキビができにくくなるという仕組みです。早めに治療を開始することにより、ニキビの悪化を抑えることにも繋がります。

アダパレンは1日1回、就寝前に使用しましょう。まずは綺麗に洗顔をして水分をしっかり拭き取ります。それから適量を患部に塗っていくだけです。アダパレンを使用できるのは顔のみであり、体には使用できないので注意が必要です。傷や湿疹のある部分には塗らないようにしましょう。また、目や唇などを避け、粘膜に付着しないようにすることも大切です。目に入ってしまった時はすぐに水で洗い流すことが重要です。

塗り始めたばかりの時は皮膚の乾燥や痒み、皮が剥けるといった症状が出ることがあります。気になるかもしれませんが、このような症状は一時的なものであることが多く、あまり心配しなくて良いでしょう。乾燥が酷い場合は保湿ケアをきちんと行うのがおすすめです。症状が酷い場合は使用を中止し、早めにドクターに相談することが大切です。

内服抗菌薬は体の内側からニキビを改善することができます。ニキビはアクネ菌の増殖によってできてしまう症状であり、改善するためにはアクネ菌を減らす必要があります。内服抗菌薬を使用することにより、効率よくアクネ菌を減らすことができるでしょう。

また、抗菌作用があるだけでなく、ビタミンが入っている内服薬を選ぶのもおすすめです。ビタミンはニキビに有効な成分ですが、特にビタミンB2とビタミンB6の入っているものを選ぶことがポイントです。ビタミンB2とビタミンB6には肌のターンオーバーを整えるという作用があります。それによって皮脂の代謝が促進されますし、皮脂の過剰分泌を抑えることに繋がります。

内服抗菌薬を服用してもすぐにニキビが改善するわけではありません。即効性は期待できないため、ある程度継続して飲み続けることが大切です。また、ニキビ治療では自身の体質に合った治療法を選ぶこともポイントです。

効果があるかどうか見極めたいという場合、同じ内服抗菌薬を最低でも1ヶ月は飲み続けるようにしましょう。ちなみに、効果を実感してもすぐに服用をやめるのは良くありません。すぐにニキビが再発してしまうこともあるため、ドクターと相談しながら治療を続けていくことが大切です。

関連記事
ニキビ跡が気になるならトレチノインで改善 2019年12月14日

肌にニキビ跡が残ってしまうと気になるものでしょう。ニキビ跡はメイクをしても隠しにくいですし、女性は特に憂鬱な気分になってしまうかもしれません。なかなか消えないニキビ跡で悩んでいる場合、トレチノインを使ってみるのがおすすめです。トレチノインはビタミンA誘導体の一つであり、もともと人間の体内に存在する成...

頬にできるニキビは乾燥やメイクの汚れが原因でできる 2019年11月10日

頬ニキビは大人になってからできることが多いです。一度発生したらなかなか治らないことが特徴であり、きちんとケアをしていないとニキビ跡として残ってしまうこともあります。頬できるニキビは目立ちやすいですし、気になっている人も多いでしょう。この部分のニキビは知らないうちにできていたり、毎日スキンケアをしてい...

シミは種類によっても治療法が異なる 2019年10月21日

一口にシミといってもいくつかの種類があります。種類によって原因や治療法が異なりますし、間違った方法でケアすると逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。そこでまずは発生したシミがどのようなものなのかをきちんと診断することが大切です。シミには主に老人性色素斑や肝斑、脂漏性角化症、そばかすなどの...

肝斑の原因は紫外線や女性ホルモンも関係している 2019年10月11日

肝斑は30~40代の女性に多い症状であり、それより高齢になると自然に消えることもあります。30~40代の時期はホルモンの分泌が最も盛んになると言われています。一般的なシミとは異なり、左右対称に薄い褐色の色素沈着が広範囲に広がることが特徴です。肝斑はシミの一種ですが、シミとは異なる原因で発生すると考え...