• ホーム
  • 肝斑の原因は紫外線や女性ホルモンも関係している

肝斑の原因は紫外線や女性ホルモンも関係している

肌を心配している女性

肝斑は30~40代の女性に多い症状であり、それより高齢になると自然に消えることもあります。30~40代の時期はホルモンの分泌が最も盛んになると言われています。一般的なシミとは異なり、左右対称に薄い褐色の色素沈着が広範囲に広がることが特徴です。

肝斑はシミの一種ですが、シミとは異なる原因で発生すると考えられています。そこでどのような原因で発生してしまうのかチェックしておきましょう。原因を知っておくことで対策や予防などもしやすくなります。

肝斑の発症に大きく関わっているのはホルモンバランスであると言われています。肝斑はホルモンの変化が大きい時期に発症する傾向にありますし、閉経を迎えることで薄くなったり消えたりする傾向があるためです。

シミの原因になるのはメラニン色素です。これは皮膚の中にあるメラノサイトという細胞から生成される色素であり、もともと肌を守るためのものです。しかし、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが多く分泌されることにより、メラニン色素が沈着しやすくなってシミができてしまうということです。

肝斑は女性ホルモンの分泌量が増える30~40代の女性に多く見られる症状ですが、妊娠やストレスなどが原因になってくることもあります。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるため、ホルモンバランスも大きく変化します。そして、出産をすると女性ホルモンの分泌量が大きく減少することも肝斑が増える要因です。

ストレスはさまざまな病気の原因になりますが、肝斑を引き起こすこともあります。過度なストレスを感じるとホルモンバランスが乱れやすくなりますし、肝斑を発症しやすくなるでしょう。さらに、できてしまった肝斑を悪化させる原因にもなります。

年齢を重ねても綺麗な肌を保つため、ストレスはあまり溜めないようにすることが大切です。全くストレスを感じることなく生活するのは難しいかもしれません。ですが、上手く発散する方法を見つけるようにしましょう。

紫外線も肝斑の原因の一つとされています。シミの原因となるメラニン色素は紫外線から肌を守るために生成されるものです。もともと肌にとっては必要なものですし、通常なら古い角質と一緒に排出されるので特に問題ありません。しかし、メラニン色素の排出が追いつかず、肌に残ってしまうことで肝斑ができてしまいます。ちなみに、肝斑以外のシミは紫外線が主な原因となりますが、肝斑は紫外線に当たらなくてもできることがあるので注意しましょう。

肝斑を予防するためには紫外線対策が欠かせません。紫外線というのは冬の時期や夜の時間帯でも降り注いでいます。もちろん夏場や昼間ほど多いわけではありませんが、顔だけでもきちんと紫外線対策をするのがおすすめです。外出の際には日焼け止めクリームを塗ったり、日傘や帽子を使用することで紫外線対策になるでしょう。特に紫外線が強い時期には十分な対策をしてから外出することが大切です。

関連記事
肌が老化してしまう原因は紫外線にあるので予防対策を忘れずに 2020年04月12日

肌の老化は加齢だけが原因ではありません。紫外線が原因で老化してしまうことも多いため、きちんと紫外線対策を行うことが大切です。特に顔の肌が老化すると目立ちやすいですし、できるだけ紫外線の影響を受けないように注意しましょう。顔の中でも?や鼻、額などは高さがあるので日焼けしやすい部分です。これらの部分の日...

肌がきれいになる生活習慣を身に付ける 2020年03月06日

肌を綺麗な状態にしたいという場合、普段の生活習慣を見直すことが大切です。まずは睡眠を見直してみましょう。十分な睡眠は美肌の基本とも言えますし、睡眠時間が短い人は肌にも悪影響が出てしまうことがあるので注意が必要です。睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは若返りのホルモンと呼ばれること...

プラセンタは美肌効果があるので肌が若返る 2020年01月26日

プラセンタの美肌効果に興味を持っている人も多いでしょう。エイジングケアにも効果が期待されており、注射やサプリメントなどさまざまな治療方法が登場しています。プラセンタを使用する時には注意点などもあるのできちんと確認しておきましょう。プラセンタとは哺乳類の胎盤から成分を抽出したエキスのことです。胎盤は母...

ニキビ治療にはアダパレンと内服抗菌薬を併用すると治る 2019年11月27日

ニキビができる時になるものでしょう。さまざまな原因がありますが、皮脂の過剰分泌が主な原因の一つとされています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がり、出口が炎症を起こして発生するという仕組みです。なかなか治らないニキビで悩んでいる場合、アダパレンと内服抗菌薬を併用してみると良いでしょう。アダパレンはニ...

トレチノインとハイドロキノンでエイジングケアをする 2020年01月01日

顔にシミやシワ、ニキビ、肝斑、そばかすなどの肌トラブルがあると実年齢よりも老けた印象になってしまいます。このような肌トラブルに悩んでいる場合、トレチノインとハイドロキノンでエイジングケアをしてみると良いでしょう。トレチノインとは、ビタミンAの誘導体のことであり、ビタミンAの50~100倍の生理活性が...