微笑む女性とクリームを取り女性
肌を気にする女性たち
肌がきれいになりたい女性

肝斑の治療にはトラネキサム酸が効果的です

スキンケアをしている女性

肝斑はメラノサイトが紫外線などの刺激を受け、細胞を守るために活性化することが原因です。周りの正常な皮膚よりも活性化するため、メラニン色素が過剰に生成されるということです。そのためメラニン色素が多く生成された部分だけ色素沈着が発生することが特徴です。肝斑の治療法はいくつかありますが、最も有効のはトラネキサム酸を使った治療法です。

トラネキサム酸は肝斑への効果が認められている薬です。しかし、最初から肝斑の治療のために作られたものではありません。実は病気の治療のために開発されたものですが、肝斑にも有効であることが発見されたため、新しく研究されるようになったということです。

肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが大きな原因とされています。そのためホルモンバランスが乱れやすい30~40代の女性に多く発症しているということです。また、妊娠やストレスなどが原因で発生しやすくなることもあります。トラネキサム酸は女性ホルモンに直接影響するわけではありません。ですが、メラノサイトに直接働きかけることができますし、色素沈着を薄くすることで肝斑を改善してくれます。

トラネキサム酸は外用薬もありますが、顔の皮膚は毛細血管が多く集まっているため、内服薬の方が肝斑への効果が高いとされています。正しい方法でトラネキサム酸を服用した場合、2~3ヶ月で症状が軽くなるでしょう。しかし、短期間で完全に治るというわけではありません。肝斑は良くなったと感じても再発しやすいため、ある程度治療を続けることが大切です。完治するというよりコントロールするものだと考え、継続的に治療を行っていきましょう。

トラネキサム酸の内服薬は肝斑の症状が酷いほど効果を実感しやすく、あまり酷くない場合はそこまで劇的な効果が出ることが少ないです。使い続けることで少しずつ効果を実感することができるでしょう。また、効果をアップさせるためには内服薬と外用薬を併用するのがおすすめです。

トラネキサム酸の内服薬を使用する場合、副作用が気になる人もいるでしょう。直接口にするものですし、リスクのあるものは避けたいという人もいるかもしれません。トラネキサム酸には血液の流れを良くするプラスミンの作用を抑えるという働きがあります。出血を抑えるために手術後などに使われることもありますが、プラスミンの作用を抑えることで血液が固まりやすくなってしまうこともあります。そのため重篤な副作用のリスクとして血栓症が挙げられます。

血栓症が起こると大変ですが、実際にトラネキサム酸を使ったことで血栓症になったという報告はほとんどありません。肝斑の治療のために数ヶ月服用する程度なら特に問題ないと言えるでしょう。トラネキサム酸の内服薬を服用すれば、2~3ヶ月で効果が出てきます。肝斑が薄くなったと感じたら一度服用を中止し、肝斑が濃くなった時に再開するという方法が良いでしょう。副作用のリスクを軽減するため、ずっとトラネキサム酸を飲み続けるのは避けた方が無難です。

ちなみに、肝斑はシミと合併しているものが多いです。肝斑とシミは異なるものですし、合併している場合は治療法についても工夫する必要があります。普通のシミ治療ではレーザーが使用されることになりますが、肝斑ができている部分にシミ治療のレーザーが当たった場合、肝斑が濃くなってしまうことがあるためです。

そこで肝斑への刺激を減らすため、先に肝斑から治療していくということです。まずはレーザー治療ではなく、トラネキサム酸を利用して肝斑の症状を改善させていきましょう。ちなみに、トラネキサム酸を服用しているのに全く効果が出ない場合、肝斑ではない可能性もあります。

記事一覧
ニキビ治療にはアダパレンと内服抗菌薬を併用すると治る 2019年11月27日

ニキビができる時になるものでしょう。さまざまな原因がありますが、皮脂の過剰分泌が主な原因の一つとされています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がり、出口が炎症を...

頬にできるニキビは乾燥やメイクの汚れが原因でできる 2019年11月10日

頬ニキビは大人になってからできることが多いです。一度発生したらなかなか治らないことが特徴であり、きちんとケアをしていないとニキビ跡として残ってしまうこともありま...

シミは種類によっても治療法が異なる 2019年10月21日

一口にシミといってもいくつかの種類があります。種類によって原因や治療法が異なりますし、間違った方法でケアすると逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。...

肝斑の原因は紫外線や女性ホルモンも関係している 2019年10月11日

肝斑は30~40代の女性に多い症状であり、それより高齢になると自然に消えることもあります。30~40代の時期はホルモンの分泌が最も盛んになると言われています。一...